パンプスの中に履く靴下って、靴の中で脱げてイライラしますよね。しかも靴を脱ぐときには一緒に脱げてしまったり。

だからといって素足でパンプスを履くのは抵抗があります。

でも中々良い感じのフットカバーって見つけられないですよね。

ここではフットカバーの選び方や脱げにくくする方法などについて紹介します。

 

フットカバーが脱げる原因

フットカバーが脱げる原因は選び方にあるかもしれません。

デザインや値段の安さばかりで買ってはいませんか?

フットカバーはとにかく脱げやすい商品です。買う時にはできるだけ脱げにくいであろうフットカバーを選びましょう。

脱げにくいフットカバーを選ぶポイント

フットカバーを選ぶポイントはふたつです。

ひとつはかかとに滑り止めがついていること。

100均などのつるつるしたフットカバーは、よっぽど足に合ってないとすぐに脱げます。 滑り止めがあるものを買いましょう。

ふたつめはサイズはピッタリより気持ち小さめを選ぶこと。

サイズが大きいと靴からはみ出して見えるし、かかとがダボついたりします。フリーサイズではなく自分のサイズに合ったものを使ってくださいね。

フットカバーはどこで買う?

個人的には靴下やフットカバーは通販で買う方がおすすめですね。

理由は、店舗に行ってもどうせ試着できないものだし、通販なら口コミの良い靴下や売れ筋のフットカバーがわかるので失敗が少ないからです。

自分の足のサイズに似た人の口コミなどを参考にして購入するのがおすすめです。

 

パンプス用靴下を脱げないようにする方法

パンプス用靴下を脱げにくくする、脱げないようにする方法を紹介しますね。

ただ人によって合う合わないがあるので、ひとつずつ試してください。

フットカバーの履き方

意外に知られていないのがフットカバーの履き方です。

脱げやすいという多くの人はつま先から履いているようですが、実はかかとから履くんだそうです。これだけ?と思うかもしれませんが、すぐできることなのでぜひ試してください。

これでも無理な人は前と後ろを逆にしてみてください。かかと側をつま先に履くということです。かかとの布面積を増やして脱げにくくするんですね。

かかとに保湿クリームなどを塗る

かかとの保湿をしてからパンプス用靴下を履くと脱げにくくなります。かかとにクリームなどを塗りましょう。

滑りにくくなるんでしょうね。

フットカバーとかかとをくっつける

脱げないようにフットカバーとかかとをくっつけてしまう方法です。

これは昔流行していたソックタッチ(液体のりのようなもの)を使うと脱げにくくなるという声があります。

ですがさらに脱げないようにするには、かかと部分の内側に両面テープを貼るということです。かかとは肌も強いですし、両面テープを貼っていても肌荒れしにくいですが、気になる人は短い時間で試してくださいね。

フットカバーに滑り止め液をつける

100均の手芸コーナーなどにも売っている滑り止め液をフットカバーにつける方法です。

脱げてしまうのは滑り止めが甘いことが多いんですよね。滑り止めの面積をがっつり足してあげるとフットカバーが脱げなくなりますよ^^

フットカバーをリメイクしてストラップやリボンをつけるよりも、こっちの方が圧倒的に簡単です。ボンドみたいにつけるだけなんで。

最後に

足の形は一人一人違うので既製品は合わない人もいますよね。でも工夫をすることである程度は快適に過ごせると思います。

どうしても脱げやすいというあなたは少し値段が高くても信頼できるものを買ってみてはいかがでしょうか。

【Pittabari】浅履きフィット靴下(フットカバー)

開発に2年半かかった、職人がひとつずつ作っているフットカバーは脱げない理由がありますよ。